住起産業へ電話でお問い合わせ
住起産業のお問い合わせフォームへ移動

着工NEWS 三島市A様邸
家族の絆が育める子育てが楽しくなる家

工事進捗状況

木工事で大工さんが貼ったプラスターボード下地に、内装屋さんがパテ埋めをしてその上にクロスを貼って仕上げます。

断熱材はグラスウールを使用しています。天井と外部に面する壁に隙間無く充填していきます。

ベランダの防水はFRP防水を標準としております。木下地にガラス繊維を樹脂で硬めで防水を行ないます。最後に仕上げ材の塗料を塗って仕上がりです。

屋根仕上げ材はガルバニュウム鋼板です。耐久性が強く、表面の塗装の焼けが少ないのが特徴です。

骨組みの構造躯体に防水処理を施し、お客様が選んで頂きましたサイディングを綺麗に貼って仕上げます。

工事が進みましたら途中で中間検査を行ないます。検査機関による第三者からの目でしっかりチェックをし、検査を行ないます。合格が出ましたら引続き工事が進みます。


基礎工事は建物が乗る一番下の重要な部分です。しっかり設計通りに鉄筋を配筋し、検査を受けて頑丈な基礎を作ります。

地盤調査の結果に基づき、改良工事を行ないます。地盤改良工事は柱状改良と言いまして地中に円状の穴を空け、改良材を注入して地中に柱を作る改良工事を行ないました。

担当者紹介

家づくり完成までの様子をご紹介させていただきます。

営業

渡邊裕介

設計

古屋健児

現場監督

瀧口明仁