住起産業へ電話でお問い合わせ
住起産業のお問い合わせフォームへ移動

着工NEWS 三島市OD様邸 サッシ工事

工事進捗状況

完成パース

アルミサッシ工事です。サッシはLIXILのサーモスⅡーHを使用しました。今までのものより、スリムな枠になり、かつ高性能遮熱複層ガラスで一般複層ガラスに比べ1.5倍の断熱性能があります。

バルコニーの防水です。ガラスマットに樹脂を含浸した軽量かつ強靭なFRP防水を採用しています。優れた防水性、耐久性を備えた防水です。カラーも数種類からお選びいただけます。

屋根の防水下地にはアスファルトルーフィングを使用しています。建て方の後にルーフィングをはり、重ねなどをチェックします。 仕上げ材はカラーベストをはりました。 比較的に軽量で地震にも強く、シンプルで外壁にもマッチする材料です。

確認申請の図面と同じようにできているか、完成では、見えなくなってしまう金物や筋交いがしっかり付いているのかを自主チェックのあと、第三者機関にチェックしていただきます。

日時のご都合により施主様は出席できませんでしたが棟梁、監督、設計とで無事に工事が完了し、笑顔でお引渡しが出来るように誓いながら上棟式を行いました。

建て方工事です。石田棟梁の元、8名の大工さんで一日で上棟及び間柱、筋交い、窓台など、下地工事まで施工できました。いよいよ建物の形になり屋根、外壁と仕上げ工事に入っていきます。

住起産業自慢の基礎工事です。鉄筋材は通常の2倍入っています。コンクリートの厚さもベース170mm立ち上がり150mmととても安心です。

地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を行ったところ2 ~4m付近まで自沈層が確認されました。そこで柱状改良という地盤の中に柱状の改良コラムを形成する工事を行いました。

サンステージ向山はにまるタウンで建築工事が始まります。すっかり気温も高くなり温かい陽差しの中、地鎮祭が執り行われました。式典とは別に、息子さんが夢中になっている剣玉を披露していただきました!技もキマッていました!ありがとうございました。

担当者紹介

家づくり完成までの様子をご紹介させていただきます。

営業

渡邊裕介

設計

吉田和子

現場監督

小澤正幸