住起産業へ電話でお問い合わせ
住起産業のお問い合わせフォームへ移動

収納を考えたプラン

毎日の家事が楽しくなる住まい

住まいを選ぶ際のポイントとして、9割以上の方が「収納」を重視されています。しかし実際に収納が多くあっても使いづらかったり、部屋が狭くなったりなどという不満もあるのも現状です。 収納は、量だけでなく“バランス”が重要で、使い勝手の良さや片付けのしやすさなども考慮に入れ考えなくてはなりません。そこで、空間を有効活用し、暮らしやすさを追求したプランをご提案致します。

1シューズクローク
収納を考えたプランの特徴1シューズクローク

大容量のシューズクロークがあれば、家族全員の靴をすっきりと納めることができます。


2玄関脇クローク
収納を考えたプランの特徴2玄関脇クローク

玄関脇に広いクロークがあれば、ゴルフバックやスキー用具もすっきりと収まります。
また、生活用品のストックなど大量に買い込んでも、玄関から近いのでラクラクと収納できます。


3収納付お手洗い
収納を考えたプランの特徴3収納付お手洗い

ゆったり広めのお手洗いで気持ちをリフレッシュさせます。バラバラして片付きにくい掃除用具やお手洗い用品をすっきりと収納することができます。
また毎日使う場所だからこそ、本や雑貨などを置いてゆとりのある空間を作り出すことができます。


4階段下収納
収納を考えたプランの特徴4階段下収納

階段下の空間を有効に利用します。お掃除用具や生活用品のストックにとても便利です。
また棚を設置して本棚にし、書庫としても利用することができます。


5洗面所近くの収納
収納を考えたプランの特徴5洗面所近くの収納

洗面所近くの収納スペースはとても便利です。
掃除機やバケツからタオルや洗濯に必要な小物まで、様々な物を機能別に収納できます。


6リビング収納
収納を考えたプランの特徴6リビング収納

壁面にテレビをすっきり収納して、快適なテレビライフが過ごせます。
また、急なお客さまがいらっしゃった時も素早くリビングを片付けられます。



7カップボード
収納を考えたプランの特徴7カップボード

ゴミは必ず出るもの。臭いよりも『置き場』に困っている人が多いのです。
キッチンスペースにきちんと納まるように場所をとっておくと、ゴミの分別も楽になりお掃除もスムーズにできます。


8床下収納
収納を考えたプランの特徴8床下収納

キッチンの床を収納空間として利用します。 漬物瓶やお酒、お米などの保管スペースとして最適な場所です。


9ウォークインクローゼット
収納を考えたプランの特徴9ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットがあれば、がさばる衣類や季節の家電、行事用の道具も集めて収納できます。
家具を置く必要がないため、地震対策にもなります。


10可動式収納
収納を考えたプランの特徴10可動式収納

ライフスタイルの変化や家族の成長に合わせて移動できる、可動式収納はとても便利なアイテムです。
キャビネットに車輪が付いたものが多く簡単に移動できますが、動かさない時など通常は車輪を内部に格納し、使用するときにレバーを倒すなどして車輪を出して移動させます。


11寝室クローゼット
収納を考えたプランの特徴11寝室クローゼット

寝室のクローゼットは生活をする上で欠かせない収納です。
クローゼット内部をロングコート用、ジャケット類用で分けられるように2段にパイプを設置することで、洋服の整理や毎日のコーディネートが楽になります。


12子供部屋クローゼット
収納を考えたプランの特徴12子供部屋クローゼット

子供部屋にクローゼットを設けることで、学校や習い事で使う道具などをしまうことができます。
また、小さい頃から片付けの習慣がつき躾にもなります。



収納を考えたプランご紹介 間取り図

楽しむ収納、美しい収納

リビングから愛車を眺める
楽しむ収納、美しい収納!リビングから愛車を眺める

室内ガレージを設け、リビングから眺めることができ、好きな時に好きなだけ楽しむことができます。また、趣味のサーフィンボードや釣り道具などをディスプレイするコーナーを設けて、お手入れする空間としても大活躍します。


家族の思い出を飾れるニッチ
楽しむ収納、美しい収納!家族の思い出を飾れるニッチ

家族の思い出の写真や絵などを飾れるように、厚みのある壁を凹型にくりぬいて飾棚として有効活用できます。また観葉植物を置いて、爽やかな空間を演出することもできます。


飾って楽しむ
楽しむ収納、美しい収納!飾って楽しむ

ディスプレイラックを取り入れて“見せる収納”をすることで、お気に入りの小物や書籍、食器などを飾り、華やかな空間を演出できます。また部屋の仕切りとしても利用できます。


窓辺で植物を育てる
楽しむ収納、美しい収納!窓辺で植物を育てる

キッチンの窓辺にディスプレイスペースを設け、植物を置いたり、小物を飾りすることで、お料理の合間の癒しになります。